家庭用脱毛器の特徴と注意点

サロンやクリニックで脱毛するとお金も時間もかかるけど、
カミソリなどで処理をすると、肌を傷つける心配もあるので、嫌だ、という人には
家庭用脱毛器を使った処理法がおすすめです。

 

 

サロンやクリニックで使われる脱毛器よりはパワーが弱いですが、
自宅で自分で簡単に脱毛することができますし、何より脱毛をすると、
処理後は一定期間、処理が不要になりますし、
カミソリでの処理後のようなチクチク感も残りません。

 

 

ここでは、家庭用脱毛器の特徴と注意点についてまとめてみますので、
自宅で本格的なムダ毛処理をしてみたいという人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

使う前に知っておきたい!家庭用脱毛器の特徴

 

使用可能箇所

 

家庭用脱毛器は商品にもよりますが、全身のムダ毛にしようできるものもあります。
もちろん、カミソリや毛抜きなどと比べたら初期費用が多くかかってしまいますが、
一度購入すれば、自宅でいつでも全身に使用することができるので、

 

それを考えるとそこまで高い初期費用でもないように思えます。

 

 

また、サロンやクリニックなどでの脱毛よりは費用が少ないですし、
自分の好きな場所に自分の好きな時にできる、というのが家庭用脱毛器のいいところです。

 

 

脱毛レベル調整

 

最近の家庭用脱毛器はレーザーなどのレベルを調整できるものもあります。

 

サロンやクリニックなどで使用される脱毛器よりはパワーが弱いとお教えしましたが、
処理する場所や、毛の質などによっては痛みを強く感じる場所もあります。
そのため、レベル調整をしながら痛みを確認しつつできるのが家庭用脱毛器のいいところです。

 

 

処理時間

 

カミソリや毛抜きでムダ毛の処理をしようと思うと、
プレケアからアフターケアまできちんと行っていなくても、
意外と時間と労力がかかってしまうものです。

 

しかし、家庭用脱毛器であれば、レーザーなどを照射する時間は何秒間かだけです。
そのため、腕が疲れることもないですし、テレビを見ながらなど、
ちょっとした時間にムダ毛処理をすることができます。

 

 

失敗しないための家庭用脱毛器の注意点

 

プレケアとアフターケア

 

他のグッズを使用した処理法と同じように、家庭用脱毛器を使用する際も
きちんとプレケアとアフターケアは怠らないようにしてください。

 

レーザーなどの照射前は照射する場所をきちんと冷やしてから使用し、
照射後も保冷剤や濡れタオルなどで冷やして、低刺激のクリームなどで保湿するようにしましょう。

 

 

使用頻度

 

いくらいつでも自宅でできるからといって、毎日使用してはあまり意味がありません。
毛には周期というものがあり、サロンやクリニックで脱毛を行う際にも、
一度処理した後は一定期間をあけてまた処理を行います。

 

サロンやクリニックなどでの脱毛の場合は2ヶ月程度期間をあけますが、
家庭用脱毛器の場合は、そこまで期間をあける必要はありませんが、
毎日照射していては、毛の周期に合いません。

 

使用頻度は商品によって異なりますので、
きちんと商品の説明書を確認して、どれくらいの頻度で使用すればいいのかチェックしておきましょう。

 

 

使用場所

 

シミや色素沈着がある場所に家庭用脱毛器でレーザーなどを照射すると
痛みを生じさせたり、火傷をすることもあります。
そのため、家庭用脱毛器を使用する前に、シミや色素沈着がある場所はシールなどで保護して、
レーザーなどがあたらないように注意しましょう。

 

 

脱毛レベル

 

特徴でもお教えしたように、家庭用脱毛器にはレベル調整がついているものがあります。
痛みなどの感じ方は個人差があるので、
脱毛器をしようする際には、必ず、最少レベルの照射から行い、
痛みがなければ、少しずつレベルを上げていくようにしましょう。

 

特に、肌がデリケートな顔などの脱毛の際は、
肌が赤くなったり、腫れたりする可能性もありますので、
きちんと最少レベルの照射から試していくようにしましょう。

 

 

最後に

 

自宅で手軽に本格的なムダ毛処理ができ、とても便利な家庭用脱毛器ですが、
使い方を間違えると、肌を痛めたり、火傷をする原因にもなります。
使用する際には、上のような注意点と商品の説明書をしっかりと読んでから
使用するようにしてください。

 

 

大学の実験でわかった事実!カミソリで毛は濃くなるの?

 

カミソリで毛は濃くなる?ならない??

 

女性なら知っておきたい疑問について
調べてみて、わかった実験結果です。

 

カミソリでのムダ毛処理は濃くなるのか?おすすめの方法とは?

 

 

超簡単!家庭用脱毛器でムダ毛処理する時の特徴と注意点を紹介!記事一覧